巨大な干し草ロールを転がす!個性的な祭り「ポプラーチ」

ベルリン(ドイツ)

ベルリンでは大小様々なお祭りが開催されます。

お祭りのシンボルマーク

何十万人もの人々を集める巨大なものがある一方、住人が集まって行われる地元に密着した小さなお祭りがあります。

巨大な干し草ロール

コースを力走する参加者

今回紹介したいのは小さなお祭り。ただし普通のお祭りではありません。それは干し草ロールを転がす「popráci」という少し変わったお祭りです。 お祭が開催されるのは毎年9月。ベルリンの中心部の南側にあるノイケルン地区で開催されます。会場に近付くと見えるのは大きな干し草ロール。それは1メートル以上もあり、みっちりと干し草が詰まっています。干し草というと軽そうなイメージがありますが、ロールとなるとかなり重そう。

ローカルな雰囲気を感じさせるお祭りの様子

干し草ロールを転がす様子は迫力満点

このお祭りでは、それを転がして速さを競うのです。 公園を囲む通りをコースとして使ってロールを転がしていきます。スタート地点には2チームが並び、合図と共に勢いよく藁を転がしていきます。

お揃いのコスチュームで参加するチームの姿も

ゴール前には多くの人が待ち構えている

大きく重いロールを真っ直ぐ転がすのは簡単ではなく、ゴール前になると失速して歩いて転がすチームの姿も。一方、観客の子供達は転がるロールに合わせて一緒に走るなど、会場では微笑ましい光景が繰り広げられています。 参加するチームも個性に溢れています。お揃いのユニフォームを着てチームの一体感を見せるチームもあれば、豚や牛などの着ぐるみを着て参加するチームの姿も。

白雪姫の七人の小人のコスチュームで参加するチーム

七人の小人もコースを力走

印象的だったのはお揃いの変わった帽子を用意したチーム。それは白雪姫に登場する7人の小人の姿をモチーフにしていて、多くの注目を集めていました。このようにロールを転がす走りだけでなく、衣装でも楽しむことができるのです。 レースや参加チームの衣装で盛り上がるお祭りですが、それ以外にも楽しむことができます。

会場内に立ち並ぶ屋台

会場には屋台が立ち並びお酒や食事も楽しめるようになっています。屋台の数は決して多くはありませんが、地元の人たちだけでなくフードマーケットに出店しているプロのお店も参加しているため、ローカルのお祭りの屋台と侮ることはできません。

屋台には多くの人が並び、賑わいを見せている

ベルリンでは多くのお祭りが開催されますが、大きなお祭りでは多くの来場者が集まり、お祭りを見ているのか人混みを見ているのか、わからなくなってしまうことも。

椅子や机が並べられ、食事を楽しむことができる

それなら、ぜひ観光化されることなく、地元の人が開催するお祭りを訪れるのがお勧め。こちらのお祭りなら、人混みにまみれることなく、和気あいあいと開催されているお祭りの雰囲気を楽しめるはずです。

prof_berlin_hayashi投稿者:林 清英

2008年よりベルリン在住。日本の大学で美術史を学んだ後に渡独。現在はドイツの文化を中心にした記事を執筆中。

ブログ:http://neu--gier.tumblr.com/

●開催データ
国名 ドイツ
都市名(地域名) ベルリン
イベント名(日本語) ポプラーチ
イベント名(現地語) Popráci
開催時期(前回開催) 毎年9月開催、2017年は9月9日開催
初回開催年 1737年(長期の休止を挟み2008年から再開)
来場者人数(規模感) 約3000人
アクセス 地下鉄(U7)Karl-Marx-Straße駅より徒歩15分
主催団体(名称) traumpfad e.V.
公式ホームページ http://www.bierfestival-berlin.de/index%20eng.html
料金 無料
予約 必要なし
知名度 ★☆☆☆☆
おもしろ度 ★★★★☆
開催場所(主な会場) ベルリンの中心部の南側にあるノイケルン地区で開催