LGBTのためのお祭りイベント「ロサンゼルス・ゲイ・プライド」

みんな思い思いのコスチュームで、心からイベントを楽しんでいます

ロサンゼルス(アメリカ)

ロサンゼルスは早くて4月くらい、5月、6月にはもう夏真っ盛りという感じ。年間を通して気候がいいので、野外で行われるイベントは常にありますが、夏はやっぱり特に楽しいものです。間もなく夏も終わりが近づいてきましたが、今回は夏の初めに行われる「LA Gay Pride」というイベントのお話をしたいと思います。

0009_lagaypride_01
0009_lagaypride_02

このイベントは、LGBT(レズビアン、ゲイ、バイ、トランスジェンダー)の人たちが行う大きなフェスティバル。彼らが差別やいじめがなく、きちんと一人の人間として認められ、安心して暮らせる環境を整えることを目的に、ポジティブな意味での反論として行われています。ロサンゼルスには現在、約15万人以上のLGBTの人たちが暮らしているといわれているそうで、アメリカ国内ではニューヨークに次いで2番目にLGBT人口の多い都市なのだそうです。ロサンゼルスのゲイタウン(ゲイの街)、ウエストハリウッドという地域で行われます。

0009_lagaypride_03
0009_lagaypride_04

会場では、LGBTをサポートするアーティストたちのライブコンサート、グッズなどの販売、フードトラックや飲み物ブースなどが並んで、この週末の金曜日~日曜日は朝から晩までお祭り騒ぎ。特に最終日の日曜日はSanta Monica Blvd.という大通りが閉鎖され、盛大なパレードが行われます。

0009_lagaypride_05

イベントに行くまでは、会場では目のやり場に困るようなかなり刺激の強いグッズが販売されていたり、正直、えげつない感じの様子を想像していたのですが、それは完全な予想外。各ブースでは、LGBTの権利を主張するための署名を呼びかける運動や、健康面での呼びかけなどがとても真剣に行われています。同性愛のシンボルカラーをモチーフにしたさまざまなグッズが無料配布されていて、私もこんなにお土産をいただいてきました!

0009_lagaypride_06

日本でもこのところ、LGBTという言葉が随分と浸透し始め、イベントなども積極的に行われ始めたというお話も聞きます。私も友人に何人もLGBTであることを公表している人がいますが、それでもまだまだ差別は偏見を感じずに過ごせる環境ではないと話しています。ぜひ一度、ロサンゼルスにいらした際には、本場のゲイプライドを楽しんでみてはいかがでしょうか。

SOLO投稿者:SOLO

ビーチ、青空、パームツリーのカリフォルニアに憧れて18年前に渡米、ロサンゼルス郊外オレンジ・カウンティー在住のライターおよび編集者。エクササイズ、レストラン巡り、パーティー好き。趣味はサクソフォーン。


●開催データ
国名 アメリカ
都市名(地域名) ロサンゼルス
イベント名(日本語) ロサンゼルス・ゲイプライド
イベント名(現地語) LA Gay Pride
開催時期(前回開催) 2016年6月(前回)、2017年6月(次回)
初回開催年 1970年
来場者人数(規模感) 約120,000人
アクセス ロサンゼルス国際空港から車で約30分
主催団体(名称) LA! PRIDE / LA LGBTQ in West Hollywood
公式ホームページ http://www.lapride.org/
料金 1日チケット(35USドル)、3日チケット(55USドル)、VIP3日チケット(150USドル)
予約 予約はいらない、前売り割引チケット、シニアディスカウントあり
知名度 ☆☆☆☆☆
おもしろ度 ☆☆☆☆☆
開催場所(主な会場) West Hollywood Park
開催場所(住所) 647 N. San Vicente Blvd., West Hollywood, CA 90069